相続財産の評価をしてみましょう

財産評価が必要なのはお金に換算できる全てものです

相続税がかかるかかからないか、
その計算方法などはさまざまな書籍で取り上げられています。
しかしその前にやっておかなくてはならないことがあります。
それは、相続財産の評価です。
                                                  
“相続財産の評価をしてみましょう”の詳細は »

相続に関する登記と不動産の権利の把握

相続登記をしたときの登記済権利証(または登記識別情報)が、新しい権利証となります。

不動産の所有者がなくなると、亡くなった方名義の登記をなおす必要があります。
相続登記をしたときの登記済権利証(または登記識別情報)が、新しい権利証(または登記識別情報)となります。
基本的に、相続登記は権利証がなくとも可能です。しかし、
法務局に登記されている住所と死亡した時の住所が異なっており、住民票等で同一人物であることを証明できない場合は、登記済証を提出するようにいわれることもあります。
“相続に関する登記と不動産の権利の把握”の詳細は »

相続の失踪宣告の趣旨の説明

相続の普通失踪は失踪期間7年が満了したら、特別失踪は危難が去った時が法律の期間だ

失失踪宣告受けた者の期間、時期は以下のように規定されています。

普通失踪 ・・・・失踪期間7年が満了した時(31条前段)
“相続の失踪宣告の趣旨の説明”の詳細は »

推定される相続人の廃除の取消し

被相続人は、いつでも、推定相続人の廃除の取消しを家庭裁判所に請求することができる。

894条 1項 被相続人は、いつでも、推定相続人の廃除の取消しを
家庭裁判所に請求することができる。
2項 前条の規定は、推定相続人の廃除の取消しについて準用する。
“推定される相続人の廃除の取消し”の詳細は »

相続における失踪期間について定めがある

相続における普通失踪 - 失踪期間は不在者の生死が明らかでなくなってから7年間(30条1項)。 失踪期間は危難が去ってから1年間(30条2項)。

失踪期間は30条に定めがあり、

普通失踪 – 失踪期間は不在者の生死が明らかでなくなってから7年間(30条1項)。
特別失踪 – 失踪期間は危難が去ってから1年間(30条2項)。

利害関係人の請求
失踪宣告がなされるためには利害関係人の請求が必要です。
不在者財産管理制度の請求権者とは異なり検察官は請求権者となっていない
(第25条1項・第30条1項参照)。
“相続における失踪期間について定めがある”の詳細は »

保証人の相続はこうなっています

一般的な特定保証契約(金額が元々決まっている貸付の保証)については相続されますよ

連帯保証は「法定相続分」で相続がなされることになります。相続ではプラスの財産についても無償で引き継ぐことが出来るのでマイナスの財産も引き継がれるのはやむを得ないでしょう。
“保証人の相続はこうなっています”の詳細は »

愛人とその子の相続についての法律

戸籍上の相続人になっていない現状では無視されてしまうことになりますよ

妻以外の愛人の子に関しては、認知していない場合は相続はどうなるのでしょうか。
もし本当の子供であれば、非嫡子としての相続分は嫡子の子の半分の相続を持っていることに法律上はなっています。
“愛人とその子の相続についての法律”の詳細は »

法律できまっている相続の協議のこと

民法では、誰を相続人とするか、定めています。なお、その定められた相続人を法定相続人といいます。

被相続人の死後は相続人によってその遺産をどのようにするか、遺言がなければ協議により決定します。 もしその中で放棄したい相続人がいれば相続放棄申述受理証明書というものを発行して相続登記申請をすればよいのです。
“法律できまっている相続の協議のこと”の詳細は »

相続時に遺言書を発見したら やることがある

相続で遺言書を確認したら、封を開けず、家庭裁判所で検認手続きを受けましょう!

遺言書が発見されたらどうしたらよいでしょうか。まずその場ですぐに開封したりしてはいけません。たとえ第三者の立会があったとしてもです。遺言書の保管を委任された人や相続人、遺言書を保管している人たちは停滞なく遺言書は開封せずに家庭裁判所へ提出して「検認」の手続きをもらう必要があります。
“相続時に遺言書を発見したら やることがある”の詳細は »

有効にする為の相続した遺産分割の協議の進め方

遺産の分割協議は一部の相続者が除外された形では無効となってしまいます。だから戸籍の調査が先決です。

相続財産には、ものや権利が含まれています。
遺産の分割協議は一部の相続者が除外された形では無効となってしまいます。
“有効にする為の相続した遺産分割の協議の進め方”の詳細は »

« 過去の記事